Koji FUKUSHIMA

人生はステージレース。
ツールを目指したい少年から、人生の大先輩まで。
こ〜ぢとロードバイクで遊ぼう! 
080ー5024ー5400
cozzy@rondo.ocn.ne.jp
<<   ツール ド チェンライ 第1話 「またしてのタイムトライアルを遅刻!」 | main | 中学生合宿 2日目 >>
三本ローラー修行と夢のグループライド
 昨日は8人生徒さんが、三本ローラーと50キロのグループライドに参加してくれた。こんなにたくさんの生徒さんに、レクチャーさせていただくのは、実は数年ぶり。
 写真の下の続きを読むを、ごらん下さい!!
 
 


 現役引退から、一般の方を対象としたレクチャーを始め7年目。
 最初の6年は戸惑いの連続だった。その前に、僕自身が選手の感覚が抜けていなかった。選手の感覚というものは、極限まで自分本位の考え方である。僕は闘争本能しか持たなかった。相手の心理を読むということを、僕は理解していなかった。
 そのように、僕が感じた理由は、若い選手を連れて、ボンシャンスのコーチとして、フランスやニューカレドニア、またアジアを歩き回った去年、世界中の素晴らしいコーチ達に出合えたお陰だ。
   
 開講日が少なくなったベルナールグランパ自転車学校に、数ヶ月前から予約していただいていた方々が集まってくれた。
 最初は、三本なしで走りに行こうかとも思った。ロードバイクの上で、楽しむことが原点だと、タイのレースで再確認したから。
 
 だけど、シニアの生徒さんにとって、なれないグループ走行は危険だと思った。
 
 ロードバイクスキルの基礎であるバランス感覚を、三本ローラーで養ってもらわないと行けない。
 8台の三本ローラーのセッティングを、皆さんに手伝ってもらい、2時間、手放しキャッチボールで汗をかいた。
 その後、大きな声で歌いながら、50キロほどの嵐山渓谷のコースを、みんなでグループライドした。
 強風の中、皆さんがお互いを思いやり、最高のグループライドだった。
 
 今までの7年間、ご参加いただいた生徒さんの顔が浮かんだ。
 僕は全ての通って下さった生徒さんに感謝しなければならない。そう思った。
 また、東京サンエスに開発していただいた「ジャパニーズ フィット」のシリーズは、特に小柄な女性の生徒さんには、必需品だと再確認した。
 ラクランクのお陰で、昨日参加していただいた女性陣は、バイクとの一体感をもって、グループライドができた!
 
 昨日から、2泊3日間の2人の中学生2年生が参加してくれている。
 一人は、大会を総なめしている「きり」、もう一人はまだ始めたばかりの「れい」。
 れいは岡山から新幹線で、初めての一人旅。
 ボンシャンスの上村さん本ローラー講習会にでてくれたのがきっかけで、来てくれた。

 50以上の年齢が違っても、いやあらゆる世代が、一緒に走って、食って、笑う。
 僕は昨日のレクチャー+グループライドに、本当に感謝した!
 
 ツールドフランスを目指すボンシャンスの選手達、今まで通ってくれた生徒さん、本当にありがとうございました!
 今日も中学生と朝練です!
 
| 福島康司/こ〜ぢ | - | 03:41 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
康司さん

私のような高齢者も頑張るつもりですが、
前途有望な中学生の方が、わざわざ旅費
を使って、岡山から来てくれたという事
が、とても嬉しい事です。
私は京都在住ですが、私の両親は岡山の
出身です。
| 國定です | 2016/12/24 3:09 PM |









http://cozzy.biz/trackback/2154
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE