Koji FUKUSHIMA

人生はステージレース。
ツールを目指したい少年から、人生の大先輩まで。
こ〜ぢとロードバイクで遊ぼう! 
080ー5024ー5400
cozzy@rondo.ocn.ne.jp
<< 7年ぶりのメディア「康司がアンカー提灯」で兄弟登場!? | main | 「福島康司と2017ツールド沖縄120キロ/200キロを一緒に走ろう」メンバー大募集 >>
幸平と幸也の背中
2016ツール・ド・チェンライ 第1ステージ h://photos.google.com/share/AF1QipP0MuylnMVI9EGNtk7rbiToh5MBqGLlfEXfSKdomQmSvXnPCLfmul1qPJ4tlroW-A?key=QjlRcS1hbnlGSHVJTlJnWGMtNzhyNjY5dWRNcWl3 https://photos.google.com/share/AF1QipOvs5OtwMWOrCJfWJ5FPRa4gbAF0EtlSEWqs3K-KCqofMX1jS6wx7yYK3wMsomAJQ?key=M0U5b2ZPYzlBOHhOZzczRWRLYlh6WURtRXc1MlF3   【ボンシャンスは新城幸也以外の選手を強くしたか!?】  竹内成は去年、突如として、ボンシャンスに入団した。正直、戸惑った。香川と埼玉だと遠くに住んでいて、面倒も見られない。全日本選手権で、日野孝彦ボンシャンス監督から、厳しい中に、愛情のあるお言葉をいただいた。「幸也以外に、ボンシャンスは選手を強くしたんですか?本当に康司コーチの真価が問われるのは、竹内成をプロにさせられるかですよ。」  その言葉をいただかなかったら、僕は成をフランスには連れて行かなかった。  前例の知らないが、フランスに夏休みにともに渡った。未成年しかも14歳の海外遠征に、レース会場でもフランス人に驚かれた。ジュニア期まで、親が我が子をレースに連れて行くのが常識だからだ。 【成 100回アタックしろ!】  彼は北フランスと中部フランスで、1カ月で、7レースを走り、そのうち2回優勝した。フランスやベルギーの地域チャンピオンが脚を温存する中アタックしまくった。 狭い合宿所で、何も隠せない、夜中に2段ベットが軋む赤裸々な共同生活だった。それこそが僕たち兄弟と幸也の通った道! 【切磋琢磨のツールドチェンライ】  静岡県掛川のヴィヴァースの寺田吉騎が、ボンシャンスで12月上旬ツールドチェンライをともに走った。吉騎は「やらまいか」精神で育っただけあって、ロードレースをおおらかに楽しんでいる。  第1ステージ、スタート直後、果敢にアタックしない彼に、僕はいら立ちを感じた。僕は闘争心だけでアタックした。  僕のスタートアタックが捕まったカウンターで、ボンシャンスの若手が幸平に率いられ、ボンシャンス列車が発射する。それだけでも最高の展開なのに、そこにさらにボンシャンスの選手がブリッヂ《逃げに追いつこうとする行為》をかけに行く。レースの戦略的には、他のチームがブリッヂをかける動きに、追随していいけば、楽に前に追いつけるか、その他のチームのブリッヂを邪魔する動きになれるのだが、若い選手だから、そんな事は関係ない。    ボンシャンスのみんなは、本当によくアタックを繰り返した。  それまでスランプだった成の後先考えない果敢なアタックが、吉騎のハートに火をつけた。初レースだった来空、慎也。パワーアップが必須の真生。みんな生まれ変わったように、積極的になった!  14歳から60歳のベテラン、ホビーレーサーからプロ選手まで、150名の集団が、150キロ近くを走る。それもアジアの【モーマンタイ マイペンライ メイウェンティ 何でも大丈夫 文化】ならではレース  山本幸平の背中から、若い4人はガンガン吸収した。成も気が付けば、スランプを脱した。10名のボンシャンスチームのメンバーが、レースをかき乱し、最高の絆で結ばれたレースだった。  今もタイ合宿で、3週間ほどの期間、成と吉騎は山本幸平と幸也をしっかりストーカーしている。なによりロードレースを楽しむ魂を2人の大先輩から授かって欲しい。 【頼もしい20歳の大先輩】  ボンシャンスは、中村圭佑、日野竜嘉、門田祐輔。その3名がアンダー23カテゴリ−で来年も、フランスに挑戦する。彼らはこの2年で、プロになれるかの正念場を迎える。去年4勝した中村圭佑は、第1カテゴリ−に昇格した。彼を筆頭に3人もお互い異国で切磋琢磨している。来年が勝負の年だからこそ、楽しんで明るい将来が見すえてほしい。この2年間でエリートで勝てる力をつければ、欧州プロが見えてくる。 【ツールの3賞独占へ】  僕はアンダー23の選手達が、中学生を率い、10年後、ツールの表彰台を独占している光景が見える。渡仏希望の中高生が、ボンシャンスに集まってくれている。通信制の高校に編入した門田祐輔を筆頭に、フランスに身を置きたいという若手の声も聞かれる。欧米列強に負けちゃいられない。まずはコーチがそう信じる事。そこからがスタートアタックだ!  そのためには何より、楽しんで走らせる事が大切だと思う!  そして、日野孝彦監督のアドバイスに今も感謝している。  そしてプレシャーで押しつぶされそうな若者達に、楽しむ背中を見せてくれる幸也と幸平にも、感謝している!    
| 福島康司/こ〜ぢ | - | 06:59 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
康司さん

夏休みだけじゃなく、通信制の高校に編入してというのが
すごいですね。
インターネットがあれば、勉強とレースが可能ですね。
康司さんには、コーチが合っている。
| 國定です | 2016/12/27 6:43 PM |









http://cozzy.biz/trackback/2158
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE